サドOLがパワハラ上司に奴隷化復讐計画

"

亜衣はいつものように社内でセクハラに耐え仕事をしている、しかし今日が上司奴隷化復讐計画の決行日であった。亜衣はわざとパワハラ上司の肩を上司が寝てしまうまで優しく揉むとガムテープで手足口を拘束する、目が覚めた上司は自分がおかれてる状況に驚き抵抗するが亜衣は日頃のうっぷんを晴らすべくビンタの嵐を見舞う。そして上司のズボンを下ろしケインで叩き痛みつける。亜衣は上司の体に「パワハラ上司」と書いて動画を撮影し足で踏みつけながら「奥さんに動画を見られたくなかったら今から私が上司でお前が部下よ」と脅し立場を逆転させる。そして「何で興奮しているの?」と上司に自分がマゾではないかとマインドコントロールする。


翌日から立場が逆転した社内で上司は亜衣にペコペコし始め他の社員は驚く。亜衣はセクハラ上司を更衣室に呼び出すと「セクハラを訴えられたくなかったらこれからは私の指示に従いなさい」と上司を足で踏みつけチンポを弄ぶ、亜衣は上司を裸にすると足でチンポをおもちゃにして遊び、顔面騎乗で呼吸を塞ぐ、しかし何故か上司のチンポは勃起状態である、亜衣は上司にマゾの匂いを嗅ぎつけると「お前はマゾなのね」とこの上司にもマインドコントロールをする。亜衣は上司の体に「セクハラ社員」と落書きすると全裸の上司をロッカーに閉じ込め服を持って放置してしまう。


2人の上司の弱みを握った亜衣はオフィスで2人にパンツ1枚で仕事をさせる。亜衣はセクハラ上司をイスの上に寝かせ縛り上げると人間イスとして顔の上に座り仕事をし、上司が苦しくて動くとビンタや乳首責めでお仕置きを与え遊ぶ。亜衣はパワハラ上司の企画書や見積書に文句をつけては乗馬鞭で叩き自分が今まで味わったと同じ苦しみを上司に仕返しして笑う。2人の上司は完全に亜衣に支配されつつあった。


亜衣は靴を脱いでパワハラ上司の鼻にガムテープで巻くと靴の中の蒸れた臭いを嗅がせる。そして縛り上げ寝かせると顔面騎乗で圧迫し、蒸れたパンストの臭いを嗅がせ、足でチンポをおもちゃにして遊ぶ。亜衣は虐められながらも勃起している上司に「自分はマゾです」と認めさせ、認めたご褒美として聖水を口に放出し床にこぼれた小便も全て舐め取らせる。


亜衣は休日に2人を会社に呼び出し「仕事に必要な気力、体力、時の運を強化する」として2人をパンツ1枚にする、亜衣がコートを脱ぐとなんと下はボンテージ姿で2人は驚き自分たちの女王であると改めて感じる。亜衣はトランプを2枚用意し2人に選ばせ数の大きいカードを出した方が負けで、カードの数字だけ1本鞭を浴びせ、勝った方にはケーキを口でグチャグチャにして口に落として与える天国と地獄のゲームを始める。敗者は1本鞭で叩かれ体がみみず腫れになっていき、亜衣は敗者に見せつけながら勝者の口に咀嚼物を与え悔しさを植え付ける。

タイトルとURLをコピーしました