マゾ男2人に2人の女教官がやって来てクンニマシンとして使っていいと許可を受け絶対服従だと告げられる


クンニ特訓所に入所させられたマゾ男2人が教室に座っていると2人の女教官がやって来て所有者のミストレス達から自由にクンニマシンとして使っていいと許可を受け絶対服従だと告げられる。返事が小さいマゾ男達は強烈なビンタの洗礼を受けここでの特訓が厳しい事を思い知る。特訓所ではクンニに集中するため常に性欲を高めなければならずオナニーは一切禁止で貞操帯が義務付けられているため、マゾ男達は女看守の目の前で全裸にされ短小と包茎のチンポを笑われ自らケツの穴を広げされられて鑑賞され貞操帯を装着させられカギは教官がネックレスとして首にかけ射精管理される。女看守達は黒板にオマ○コの図を描き「ここが大陰唇、小陰唇、クリトリス、外尿道交口、膣口、肛門」などとオマ○コの詳細を学習させ実際に見た方が分かりやすいとパンティーを脱いでオマ○コを見せて説明し白紙の紙を渡してオマ○コのテストを実施する、全問正解できなかったマゾ男達は罰として四つん這いにされフトモモで頭を挟まれ乗馬鞭で叩かれまくる。


マゾ男達は女教官達の目の前でオナニーをさせられる、女教官達は笑いながらオナニーを拝見する、マゾ男達が射精しそうになると女教官達はオナニーを寸止めし氷で勃起チンポを冷やして小さくさせ再び貞操帯を装着する、訓練と称してマゾ男達にクンニさせ快楽を楽しむ女教官達は満足のいくクンニ舌奉仕を味わうためにはマゾ男達の性欲を最高の状態に保たせることが重要なため寸止めを繰り返し貞操帯で射精管理しているのである、オナニーで射精直前に達するまで遅かったマゾ男は罰として小便を飲まされ床にこぼれた小便も舐め取らされる。女看守達はオマ○コ型のオナホールを与えマゾ男達にクンニの順番、舐め方、舌の強弱などを特訓し始める。


女教官達はオナホールを使って「まずは大陰唇から舐め始めて次は小陰唇、クリトリスは皮から優しく舐めてクリトリスが出て来たら舌で転がし吸い付く、穴に舌を入れて奥までかき回す、オマ○コ汁は全て舐め取って飲む、肛門は奥まで舌をすべり込ませる」などと特訓させる、マゾ男達のクンニを1年間楽しむ女教官達はマゾ男達のクンニが上達しないとより多くの快感が得られないため徹底的に舐め訓練をさせる。オナホールでの訓練が終わると実践練習と称して女教官達はパンティーを脱ぎイスに開脚して座るとマゾ男達を犬のように扱いオマ○コを舐めさせ始める、お楽しみの始まりである、女教官達にとって貞操帯で射精管理されオナニーすらできないマゾ男達にクンニさせ自分達だけ快感に浸たるのはこのうえもなく興奮するのである、女教官達はマゾ男達のクンニに採点を付け点数の低かったマゾ男に罰として聖水を浴びせ小便も舐め掃除させる。


マゾ男達は教室で自習と称してオナホール舐めをさせられていると1人の女教官にマゾ男1人が呼び出され別室に連れて行かれる、女教官はマゾ男に首輪とリードと目隠しをするとパンティーを脱いでイスに座り「舌の動きの練習よ舌を出して上下に動かしなさい」と命じマゾ男は舌を出して動かし始める、舌の動きを見ている女教官はオマ○コを慰めだしリードを引いて動いてる舌を自分のオマ○コに当てると「舌をそのまま続けて動かしなさい」とクンニを楽しみだし「上手にできたら貞操帯外してオナニーさせてあげる」囁く、射精管理で精子が溜まりまくっているマゾ男はオナニーしたさに一生懸命舐めまくり女教官を快楽へと導く、女教官はこのように毎日マゾ男達をクンニマシンとして自由に使っているのである、女教官はイキ果てると「上手にできなかったからオナニーは延期ねフフフ」とオナニーさせずマゾ男は性処理玩具にされただけであった。 女教官達は舐め犬の訓練としてマゾ男達に首輪とリードを付けパンティーを脱ぐと「お手、お代わり、伏せ、待て、チンチン、クンニ、アナル舐め」をさせ始める。

タイトルとURLをコピーしました