奴隷執事家畜化調教


奴隷執事は食事を作るが何度言われても麗子女王様の好みの味にならず麗子女王様は激怒し奴隷執事を家畜奴隷に降格させる。麗子女王様は奴隷執事を裸にするとエプロンと貞操帯を着けさせマズイ食事を床に落とし、ヒールや素足で潰し奴隷執事に食べさせ手伝ってあげるとして鞭を浴びせる、ヒールや足の裏に付いた物も当然舐めて掃除させる。そして奴隷執事を牢屋に閉じ込め3日間一切の食べ物を与えず放置する。


3日間食事抜きの奴隷執事は牢屋でグッタリしている。麗子女王様は奴隷執事を牢屋から出すと今日から家畜奴隷として調教をやり直す言い放ち、1本鞭やスパンキング鞭で躾けを開始する。麗子女王様は容赦なく鞭を浴びせるが家畜奴隷となった奴隷執事は人間の言葉を禁じらたためただ絶叫するのみである。麗子女王様は3日間エサ抜きで空腹の家畜奴隷に見せびらかすようにデザートを食べ床に吐き出して食べさせる、家畜奴隷は次いつエサをもらえるか分からないため必死に吐き出されたデザートを犬のように這って食べる。麗子女王様は「喉が渇いたでしょ」と家畜奴隷を仰向けに寝かせると顔の上に立ち聖水を顔に放出して飲ませる。

タイトルとURLをコピーしました