メイドにスパンキング鞭で尻を叩かれお仕置きされるセクハラ男


男はチラシを見て出張メイドカフェに電話をして依頼する、やって来たのはあどけないメイドであった、男はメイドの体を触ったり口説いたり勝手に携帯で写真を撮ったりとセクハラする、メイドはワザと男の股間に紅茶をこぼしズボンの上からタオルで股間を拭きシミになるから服を脱いでと男を裸にするとメイドは豹変し男にビンタを食らわしセクハラの罪を償わせるため男に首輪とリードをし「今から私が主人でお仕置きを始める」と言い放つ。 メイドは男をヒザの上に乗せ「私をご主人様と呼びなさい」とスパンキング鞭で尻を叩く、なかなか言わない男であったが尻をめった打ちにされるとついにメイドをご主人様と呼び主従関係が確立される。メイドは首輪のリードを持って男を犬にして四つん這いで散歩させ自分の股の下をくぐらせたり鳴かせたり屈辱を与えるが上手にできない男は再びスパンキング鞭でめった打ちにされる。メイドは男を馬にして背中に乗り乗馬をするが男がよろけてメイドを落としそうになると再び鞭で叩きまくる、男の尻は鞭でもう感覚がないぐらいに腫れ上がり血が滲んでいる。

メイドは男の口にスプーンを咥えさせピンポン玉を乗せ筆や羽で男をくすぐり、玉を落とすと1本鞭でお仕置きする、男は何とか玉を落とさないように必死に頑張るがメイドの乳首やワキや首のくすぐりに耐えきれず何度も玉を落とし1本鞭の餌食となる、メイドは更に男に目隠しをしてくすぐりに加え乳首もつねり出し男はどこを責められるか分からず玉を落としまくり1本鞭の標的となる。メイドは男を仰向けに寝かせるとヒールで蒸れた足を消臭しなさいと男の顔に乗せる、男は顔の上に乗せられた蒸れた足の臭いを人間掃除機のように一生懸命吸いこみメイドはその姿を見下ろして笑いながら罵声を浴びせる。

タイトルとURLをコピーしました