メイドにスパンキング鞭で尻を叩かれお仕置きされるセクハラ男


男はチラシを見て出張メイドカフェに電話をして依頼する、やって来たのはあどけないメイドであった、男はメイドの体を触ったり口説いたり勝手に携帯で写真を撮ったりとセクハラする、メイドはワザと男の股間に紅茶をこぼしズボンの上からタオルで股間を拭きシミになるから服を脱いでと男を裸にするとメイドは豹変し男にビンタを食らわしセクハラの罪を償わせるため男に首輪とリードをし「今から私が主人でお仕置きを始める」と言い放つ。 メイドは男をヒザの上に乗せ「私をご主人様と呼びなさい」とスパンキング鞭で尻を叩く、なかなか言わない男であったが尻をめった打ちにされるとついにメイドをご主人様と呼び主従関係が確立される。メイドは首輪のリードを持って男を犬にして四つん這いで散歩させ自分の股の下をくぐらせたり鳴かせたり屈辱を与えるが上手にできない男は再びスパンキング鞭でめった打ちにされる。メイドは男を馬にして背中に乗り乗馬をするが男がよろけてメイドを落としそうになると再び鞭で叩きまくる、男の尻は鞭でもう感覚がないぐらいに腫れ上がり血が滲んでいる。


メイドは男の口にスプーンを咥えさせピンポン玉を乗せ筆や羽で男をくすぐり、玉を落とすと1本鞭でお仕置きする、男は何とか玉を落とさないように必死に頑張るがメイドの乳首やワキや首のくすぐりに耐えきれず何度も玉を落とし1本鞭の餌食となる、メイドは更に男に目隠しをしてくすぐりに加え乳首もつねり出し男はどこを責められるか分からず玉を落としまくり1本鞭の標的となる。メイドは男を仰向けに寝かせるとヒールで蒸れた足を消臭しなさいと男の顔に乗せる、男は顔の上に乗せられた蒸れた足の臭いを人間掃除機のように一生懸命吸いこみメイドはその姿を見下ろして笑いながら罵声を浴びせる。


メイドはケーキを食べ口の中でグチャグチャにして男の口めがけて吐き落とし男はそれを食べなければならず、床に落ちた物も全て食べさせられる。メイドはトマトを床に置きヒールでのかかとで串刺しにすると刺さったトマトの汁を男に舐めさせる、メイドは次にチーズを床に落とすとヒールのかかとで串刺しにして男に舐めさせついでにヒールも舐めさせ笑っている、メイドはヒールとパンストを脱いで素足になると足で床のトマトとチーズを踏み潰しグチャグチャに混ぜる、メイドの足の裏から足の指の間までトマトとチーズの残骸で覆われるとメイドは足を男の口に押し当て舐め取らせる、足の指で潰され指の間からはみ出るトマトが生々しい。メイドはパンティーを脱ぐと男の顔に被せ自分の臭いを覚えさせながらメイドの調教部屋へ男を連れて行く。調教部屋に連れて来られた男はメイドのパンティーを顔に被されたまま臭いを嗅いでオナニーを命じられる、男はオナニー姿をメイドにじっくりと見られ、メイドはニヤニヤしながら顔面騎乗や電マでオナニー中の勃起ペニスをもてあそんでいると男のペニスからザーメンが飛び散った。


メイドの見ている前で許可なしに射精してしまった男は乗馬鞭で散々叩かれお仕置きを受け、罰としてアナルバイブで犯されるハメになる、メイドは男を寝かせるとハサミでパンツのアナル部分に穴を開けゴム手袋をして指を挿入していく、指がアナルの中で暴れまくると男は悲鳴をあげるがメイドはとても楽しそうに遊んでいる、メイドはペニバンを装着すると男のケツの穴にチンポを滑り込ませる、メイドが腰を突き出しチンポが男のケツの穴に全て入り見えなくなり、メイドが腰を引くとケツの穴からチンポが顔を出す、メイドが腰を振る度に男はヒィヒィ言っているがメイドは笑いながらお構いなしに男を犯しまくる。メイドは許可なし射精でもう1つ罰を与えると言い、男を床に寝かせると顔の上に立ち人間便器として小便を口の中に排出し、口から床にこぼれた小便も舐めて掃除させる。次にメイドは洗濯バサミで男にお仕置きを始める。


メイドは山ほどの選択バサミを男の体に挟んでいく、乳首に洗濯バサミを挟むとその先にまた洗濯バサミというようにヘビのようにつなげて重くしていく、メイドは男のパンツを下ろしチンポを丸出しにさせると金玉袋に洗濯バサミを挟んでいき金玉袋はヒマワリのようになった、そしてペニス棒や鬼頭の先端場まで洗濯バサミを挟んでいくともうチンポはサボテンのようになり、あまりに洗濯バサミを多く挟むのでチンポが見えないぐらいである、男は洗濯バサミを挟まれる度に激痛で苦しむがメイドはニヤニヤしてお構いなしである。そしてメイドは洗濯バサミを取ってあげると鞭で叩き落とす、鞭はチンポにも容赦なく浴びせられるため男は悲鳴を上げるがメイドは止めない。メイドは男の体に落書きを始める、乳首やチンポやアナルに矢印を書いて「マゾ乳首、変態、亜衣様のおもちゃ、聖水大好き、ご自由にお使い下さい、ペニバン大好き、歩く便器」など次々にメイドは落書きする。メイドは男を寝かすと落書きした文字を目立たせてあげると文字の上にロウソクを垂らす、男は熱さに弱いらしくもがき苦しむハメになる。


メイドはロウソク責めで暴れる男に顔面騎乗で動けなくしてニヤニヤしながらロウを垂らしまくる。メイドは次に男を人間家具にする、人間イスでは四つん這いで背中に座り、人間座イスでは寝かした男のヒザを立てさせ背もたれにし腹に座って両足を顔の上に乗せ、人間クッションでは男の顔をベッドに乗せて顔の上に座り、人間じゅうたんでは寝かした男の上にペットボトルを乗せ、人間家具となった男は体が動けばその都度鞭で叩きまくられる。次にメイドは頭の体操としてクイズを出して男をいじめ始める。


あどけないメイドにお仕置きされるセクハラ男7の見どころ。メイドはクイズの本を持ち出題する、正解するとご褒美として顔面騎乗で顔に座ってもらえ、足でチンポをいい子いい子と撫でてもらえる、しかし不正回なら電気アンマでチンポを足で踏みつけ、顔の上に両足で立って乗られ全体重をかけられ重みに耐えるという罰が待っている。次にメイドはこれまで頑張ったご褒美と言う口実で男にマ○コを舐めさせ舌奉仕を味わう、少しでも舌を休ませるとメイドの鞭が待っているので男は一生懸命舐めてメイドを喜ばせる。メイドは「お前もメイドにして仕事をさせる」と男にメイクしエプロンを着させ女装させる、女装させられた男は紅茶の出し方を鞭で叩かれながら教育させられる。メイドは水分補給という口実で男を再び人間便器にして口の中に小便を垂れ流す、もちろん床にこぼれた小便は一滴残らずの舐め掃除が待っている。

タイトルとURLをコピーしました