女王様による完璧なる人間便器とアナル覚醒調教


妖湖女王様の本日の調教が始まった。妖湖女王様は調教の始めに毎回きちんと挨拶をさせるのだが口下手なマゾ男は言い間違えを繰り返し何度も強烈なビンタを食らう。妖湖女王様はブーツの舐め掃除から始める、妖湖女王様はブーツをマゾ男の口に差し出すとマゾ男はブーツの靴底を一生懸命舐めさせられる、妖湖女王様は靴底のゴミがきれいになるまで何度でも舌で徹底して舐めさせる。妖湖女王様はブーツの中が蒸れたとしてマゾ男にブーツを脱がさせ蒸れた足をマゾ男の鼻先に押し当て深く息を吸わせ消臭させる、マゾ男の深い呼吸音が聞こえる、そして消臭の後は蒸れた足をマゾ男の口に押し込み汗を舐め取らせる、妖湖女王様は笑いながらマゾ男の首輪についたリードを引いて足を喉の奥まで突っ込んでマゾ男を苦しめる。聖水がしたくなった妖湖女王様はマゾ男を仰向けに寝かせると顔の上に立ち聖水をマゾ男の口めがけて放出する、妖湖女王様は何度も聖水を止めてマゾ男が飲み込むのを確認してから再び聖水を放出してマゾ男にしっかりと飲ませる。

マゾ男は床にこぼした聖水を舌で全て舐め掃除させられる。マゾ男は手枷をはめられ天井から吊ってあるチェーンに手を縛られ吊るされる、妖湖女王様は1本鞭を持ってマゾ男を打ち始める、妖湖女王様の1本鞭は鋭く容赦なく強打するものだからマゾ男の腹は巻き鞭であっと言う間に血がにじみ出る、それでも容赦しない妖湖女王様は1本鞭を両手に持ちダブル1本鞭打ちでマゾ男を地獄に落とす、マゾ男の悲鳴が響き渡っている。マゾ男の腹は鞭の跡できれいな色に染まるが背中がまだ白いため妖湖女王様はマゾ男をギロチン台に首と手をはめて拘束し、そのまだ白いマゾ男の背中に向けて1本鞭の嵐を浴びせ笑う、背中が破壊されるまでそんなに時間はかからなかった。

タイトルとURLをコピーしました