ボンテージ姿の美しい女教官が男のアナルに白湯を浣腸器で注入


3人の男が牢屋に閉じ込められている、ボンテージ姿の美しい女教官がやって来て3人を連れ出す。3人の男は何故この施設に収容されたかを述べさせられ1号2号3号と名前を付けられる。女教官は3人に紙おむつを履かせアナルに白湯を浣腸器で注入するとおもちゃの骨を投げ犬として競って取りに行かせる、骨を取れなかった犬は罰として1本鞭で叩かれる、女教官は骨投げを繰り返す度に浣腸を増やしていき犬達は漏らさないよう苦しみながら骨を追い、それを女看守は笑いながら楽しむ。1番優秀な犬にはご褒美として聖水を飲ませる。次の日、女教官は1号を牢屋から連れ出す、1号はミストレスから逃げ出そうとして捕まり収監されたため女教官にその精神を反省させるべく強烈なビンタを何発も何発も浴びせられる。

女教官は1号を犬にして自らが座るイスの周りを這いつくばって走らせ遅いと乗馬鞭で鞭を入れ犬の曲芸などさせて笑う。女教官は1号を今度は馬にして乗馬する、女教官は足を床に着けず完全に馬に乗せているため全体重が馬にかかり馬はヒィヒィ鳴きながら女教官を落とさないように走らなければならない、女教官は馬が休んだり遅かったりバテたりすると乗馬鞭で容赦なく叩きまくる。女教官は馬が疲れ果てると水分補給として聖水を口めがけて放出し飲ませる。 女教官は馬に持久力をつけさせるため長椅子に手を乗せさせ背中に乗ったまま腕立てをさせる、女教官は馬がバテ潰れると馬から降りるが腕立てでの持久力強化は止めさせない。

タイトルとURLをコピーしました