ボンテージ姿の美しい女教官が男のアナルに白湯を浣腸器で注入


3人の男が牢屋に閉じ込められている、ボンテージ姿の美しい女教官がやって来て3人を連れ出す。3人の男は何故この施設に収容されたかを述べさせられ1号2号3号と名前を付けられる。女教官は3人に紙おむつを履かせアナルに白湯を浣腸器で注入するとおもちゃの骨を投げ犬として競って取りに行かせる、骨を取れなかった犬は罰として1本鞭で叩かれる、女教官は骨投げを繰り返す度に浣腸を増やしていき犬達は漏らさないよう苦しみながら骨を追い、それを女看守は笑いながら楽しむ。1番優秀な犬にはご褒美として聖水を飲ませる。次の日、女教官は1号を牢屋から連れ出す、1号はミストレスから逃げ出そうとして捕まり収監されたため女教官にその精神を反省させるべく強烈なビンタを何発も何発も浴びせられる。


女教官は1号を犬にして自らが座るイスの周りを這いつくばって走らせ遅いと乗馬鞭で鞭を入れ犬の曲芸などさせて笑う。女教官は1号を今度は馬にして乗馬する、女教官は足を床に着けず完全に馬に乗せているため全体重が馬にかかり馬はヒィヒィ鳴きながら女教官を落とさないように走らなければならない、女教官は馬が休んだり遅かったりバテたりすると乗馬鞭で容赦なく叩きまくる。女教官は馬が疲れ果てると水分補給として聖水を口めがけて放出し飲ませる。 女教官は馬に持久力をつけさせるため長椅子に手を乗せさせ背中に乗ったまま腕立てをさせる、女教官は馬がバテ潰れると馬から降りるが腕立てでの持久力強化は止めさせない。


次の日、女教官は3号を牢屋から連れ出す、3号は彼女の借金のかたに売られてきた男である、女教官はみじめな3号を笑い飛ばし、買い取った代金を奴隷としてミストレス達に仕えて体で返さなければならないとまずは打撃に耐えうる体を作るべくスパンキング鞭で尻を滅多打ちにする。次に女教官は尿道遊びが好きなミストレス達のために3号のチンポに金属性のカテーテルを挿入して尿道を拡張する、女教官は初めての3号に細いカテーテルから順に挿入させていき徐々に太いカテーテルにして尿道から出したり入れたりして笑っている。次に女教官はイマラチオが好きなミストレス達のためにペニスバンドを装着して3号にチンポをしゃぶらせ喉の奥へと無理やり突っ込み遊びだす。


女教官はペニスを3号の喉奥まで突っ込むと両足で3号の首を挟みグイグイと頭を引き寄せもがく3号を見て笑っている、3号はゴホゴホせき込んでも今度は両手で頭を押さえつけ引き寄せてペニスを喉から出させない。次の日、女教官は2号を牢屋から連れ出す、2号は自ら志願してきた真性マゾ男である、女教官は2号の体中をラップでグルグル巻きにして動きが取れないようにして寝かせ電マをチンポに当てて最強の強さにしたりして遊ぶ、次は呼吸管理である、女教官は2号の顔の上に顔面騎乗して尻や股間をグリグリを押し付けながら電マでチンポを責め立てる、次に女教官は2号の乳首部分のラップを切るとロウソクに火をつけ乳首を責めて遊ぶ。


女教官は2号に顔面騎乗して呼吸管理しながら乳首にロウソクを垂らして笑っている、そして女教官は2号の口を開けさせると聖水を放出してゴクゴク飲ませる。 女教官はソファーに座ってくつろいでいる、1号は口にコースターを咥えさせられコップに水を入れて手は使わされずに人間コースターにさせられている、2号はマッサージ機として肩や足を揉まされている、3号は口にほうきを咥えさせられ手を使わせずに人間掃除機にさせられている、女教官は1号の水を飲んでは水を足して苦しめ楽しみ1号が水をこぼす、2号が同じところばかり揉んでいる、3号に鼻をかんだテッシュを投げて掃除させさぼるなどすると容赦なく乗馬鞭で叩きまくり、女教官はハールム状態を満喫する。


ハールム状態の女教官は1号を人間灰皿にし、2号を人間イスにして座り、3号を人間マッサージ機にする、女教官はタバコを吸うと1号の口の中に灰を落とし、人間イスが動くと鞭を入れ、人間マッサージ機がさぼると鞭や足で頭を叩きまくる。女教官は2号を別室に連れ込みアナル拡張をして遊ぶ、女教官は2号のパンツのアナル部分だけをハサミで切り取るとアナルが丸見えになり、最初は指を挿入してアナルを拡張するが用意された大きさが違うディルドを順に挿入させていく、女教官は2号に1番太い極太ディルドをアナルに突っ込むと次には手を突っ込みフィストまで完全に飲み込ませ拡張する、それでも止めない女教官は次に2本の手をアナルに突っ込んでダブルフィストで犯し始める。


1本鞭は50発の予定だったが女教官は数える声が小さいなど文句をつけて80発近くお見舞いすると1号の体は腫れ上がり血がにじみ出る。女教官は1号に締め技を掛け苦しめた後、両足で顔や体に全体重をかけて乗り、電気あんまでチンポを責め立てる。女教官は足の裏が汚れたとしてほこりだらけの足を1号に舐めさせ味合わせる、女教官はイスに座り汚れた足の指1本1本、そして指の間まできれいに舌で舐め掃除させ見下ろしながら笑みを浮かべている。

タイトルとURLをコピーしました