女王様が奴隷を1本鞭を浴びせてブーツで足を踏みつぶし叱る


綺羅女王様が奴隷市場に出向くと2匹のマゾ奴隷が牢屋に閉じ込められ売れ残っている、いつミストレス達が奴隷を買いにくるか分からないため常に緊張して待っていなければならない売れ残り奴隷がダラダラとしている様子をみて綺羅女王様は1本鞭を浴びせ鉄格子から足を出させてブーツで足を踏みつぶし叱る。綺羅女王様は売れ残り奴隷を躾て高値で売るため牢屋から奴隷達を出し調教を開始する。まずは1本鞭の嵐で主従関係を叩きこみ体に名前を書く。そしてリブレスマスク(呼吸管理マスク)を被せ鼻フックとラップで顔を巻いて呼吸管理を始める、呼吸を制限された奴隷達は苦しむが綺羅女王様にとっては当たり前の事でありお構いなしである。
綺羅女王様は乳首クリップで乳首を挟み上げ痛みつける、そして呼吸困難な奴隷のマスクの中にタバコの煙を吹き込み更に呼吸を苦しいものにする。綺羅女王様は売れ残り奴隷達のペニスを麻縄で縛り上げどちらが痛みに強いかチ●ポ綱引きをさせる、麻縄がチ●ポに食い込みピーンと張って売れ残り奴隷達は苦しむが綺羅女王様は笑いながら張った麻縄を足で蹴り上げ更に縄を食い込ませいじめる、綺羅女王様は負けた奴隷の罰として麻縄の下から火をつける、麻縄に放たれた火はジリジリと燃え上がりチ●ポに近づく。綺羅女王様は正座もろくに出来ない奴隷に足を鍛えてあげると乗馬鞭でめった打ちにする。そしてチ●ポにハンブラーを装着する。

タイトルとURLをコピーしました