女王様が奴隷を1本鞭を浴びせてブーツで足を踏みつぶし叱る


綺羅女王様が奴隷市場に出向くと2匹のマゾ奴隷が牢屋に閉じ込められ売れ残っている、いつミストレス達が奴隷を買いにくるか分からないため常に緊張して待っていなければならない売れ残り奴隷がダラダラとしている様子をみて綺羅女王様は1本鞭を浴びせ鉄格子から足を出させてブーツで足を踏みつぶし叱る。綺羅女王様は売れ残り奴隷を躾て高値で売るため牢屋から奴隷達を出し調教を開始する。まずは1本鞭の嵐で主従関係を叩きこみ体に名前を書く。そしてリブレスマスク(呼吸管理マスク)を被せ鼻フックとラップで顔を巻いて呼吸管理を始める、呼吸を制限された奴隷達は苦しむが綺羅女王様にとっては当たり前の事でありお構いなしである。


綺羅女王様は乳首クリップで乳首を挟み上げ痛みつける、そして呼吸困難な奴隷のマスクの中にタバコの煙を吹き込み更に呼吸を苦しいものにする。綺羅女王様は売れ残り奴隷達のペニスを麻縄で縛り上げどちらが痛みに強いかチンポ綱引きをさせる、麻縄がチンポに食い込みピーンと張って売れ残り奴隷達は苦しむが綺羅女王様は笑いながら張った麻縄を足で蹴り上げ更に縄を食い込ませいじめる、綺羅女王様は負けた奴隷の罰として麻縄の下から火をつける、麻縄に放たれた火はジリジリと燃え上がりチンポに近づく。綺羅女王様は正座もろくに出来ない奴隷に足を鍛えてあげると乗馬鞭でめった打ちにする。そしてチンポにハンブラーを装着する。


綺羅女王様はハンブラーでチンポを固定した売れ残り奴隷の両手を吊るし上げると今日のために作った新作の1本鞭の効き目を試しながらめった打ちにする、新作の鞭の名は「鬼畜丸」と言い名前の通り強力な鞭であり売れ残り奴隷はその威力で半べそ状態になる、売れ残り奴隷は鞭がチンポを襲うと激痛で悶え苦しむがチンポはハンブラーでむき出し状態になっているため避けられない。綺羅女王様はハンブラーに麻縄を巻きベッドに結ぶとチンポでベッドを動かすように命令するが重いベッドはチンポだけでは動かすことができず売れ残り奴隷は再びお仕置き地獄にあう。


綺羅女王様は売れ残り奴隷の両足を天井から吊り上げハンブラーの代わりにボールクラッシャー板を装着する、板に挟まれた金玉はネジで締め上げる度に押しつぶされ売れ残り奴隷に激痛を味合わせていく。綺羅女王様は縛り上げて身動きが取れない売れ残り奴隷に今度は毛ばたきでくすぐり責めで遊ぶ、そして尿道にポンプ付きのブジーを差し込み空気を流し込んでチンポを膨らまし、次に金属ブジーを細い物から徐々に太い物を突っ込み尿道を拡張する。


綺羅女王様は売れ残り奴隷の両足を天井から吊るしたまま顔に座り人間イスにする、顔面騎乗で顔を潰され呼吸に苦しむ売れ残り奴隷に綺羅女王様は座りながらゆっくりとタバコを吸ってくつろぐ。綺羅女王様は売れ残り奴隷を更に吊し上げ逆さま状態にすると口めがけて小便を放出して飲ませ、溢れた小便が渇くまでシートで顔を巻いて放置してしまう。綺羅女王様は別の売れ残り奴隷を呼ぶと犬の躾をさせる、首輪とリードで散歩させ鞭を打ちながら背中に乗って走らせる。綺羅女王様は売れ残り奴隷を立たせると金蹴りでチンポを強化する、容赦ない蹴りが金玉にめり込む度に売れ残り奴隷はもがき苦しむが綺羅女王様は許さない。綺羅女王様は売れ残り奴隷をレザースリープサックに入れ身動きが取れないように拘束する。


レザースリープサックに押し込まれた売れ残り奴隷はそのまま吊り上げられ綺羅女王様に乗られて人間ブランコにされる。綺羅女王様はレザースリープサックで身動きが取れない売れ残り奴隷の口と鼻を両手で塞ぎ窒息責めで遊ぶ。綺羅女王様は売れ残り奴隷の顔にマジックや口紅で落書きして「僕を買って下さい」など書いて笑う。綺羅女王様は売れ残り奴隷を吊るし上げドラム缶の上に乗せると木製、しゃもじ型、皮制、皮の中に鉄パンが入ったスパンキング鞭で叩き比べをして尻をあっという間に尻を腫れあがらせる、そしてハサミでパンツに穴を開けると指を突っ込んでアナル拡張に入る。


アナル拡張に入った綺羅女王様はアナルに指を1本2本と増やしていき4本まで突っ込む、そして先端が膨らんでアナルに挿入すると抜けないディルドをぶち込むとスパンキング鞭でディルドの底を釘を打ち付けるかのように叩きアナルにめり込ませていく、ディルドの次はペニバンを装着し売れ残り奴隷の口に突っ込むとイマラチオで激しく喉を犯す、そしてアナルにチンポを挿入すると激しく腰を動かしチンポがアナルに入り見えなくなるほど奥まで突っ込んで犯しまくる。 綺羅女王様は先端にディルドをつけた電動ドリルを2本持ち出す、1本は回転しもう1本は前後に動く電動ドリルだ、綺羅女王様は前後に動くドリルを売れ残り奴隷の口に突っ込み、アナルには回転式の電動ドリルを突っ込む、そしてスイッチを入れた。

タイトルとURLをコピーしました