彼氏に金蹴りや顔面騎乗で座り窒息責めしてマゾへ導く


最近娘の帰りが遅く心配している父が実家に戻っている母に電話で相談をする、そのころ娘は彼氏の家にいた。彼氏が娘を愛し何でも娘の言いなりなのをいいことにサディストの娘はノーマルの彼氏を自分の奴隷にしようと企んでいた。娘は彼氏に友達から借りて来た首輪とリードをつけると「これで遊ぼう」と誘い、蒸れた靴下を顔に押し当て消臭させ、思い切り臭いを吸い込まないと容赦ないビンタをして徐々にマゾへと導く、そして借りて来た格闘用レガースを履くと「お願い金玉蹴らせてー」と金蹴りを始める、初めての金蹴りでのたうち回る彼氏だが「もう1発お願いー」との甘い囁きで娘は金玉を繰り返し蹴り続けて楽しむ。娘は金蹴りで素足が蒸れると彼氏に「舐めて掃除して」と足の指の間まで舐め掃除させる、娘は本当に楽しそうである。
夕飯の準備をして娘の帰りを待っている父だが娘は今日も遅くまで帰ってこない、父は「先に寝る」と置手紙を書いて置く。父は帰りの遅い娘の後をつけ娘が彼氏の部屋に入って行くのを目撃すると自分もこっそり彼氏の部屋に潜入する。彼氏の部屋で娘は借りて来た乗馬鞭で彼氏のお尻をめった打ちにする、娘のサディストの血が騒ぎ容赦なくフルスイングで打つ鞭はあっと言う間に彼氏の尻を腫れ上がらせる、部屋に潜入した父はその様子を隣の部屋から覗き娘の性癖に驚くが何故か興奮を覚える、父はそっと部屋を出るが玄関にハンカチを落としてしまう、鞭打ちを堪能した娘は次に彼氏の顔に顔面騎乗で座り窒息責めを楽しむ、ミニスカートからはみ出した娘のきれいで白いお尻が何度も何度も彼氏の顔を押し潰し呼吸を止める。

タイトルとURLをコピーしました