女王様のパンチや蹴りがマゾ奴隷の体にめり込む


奴隷市場から屋敷にマゾ奴隷を連れ帰るとゆり女王様はまず自己紹介をさせる、マゾ奴隷は借金のため自らの体を奴隷市場でミストレス達に売り仕えては中古奴隷として再び奴隷市場に売却されるという事を繰り返していたようである。まず女王様はビンタを受けながら笑えとマゾ奴隷に命じビンタの嵐を食らわす、マゾ奴隷の顔はたちまち真っ赤に腫れ上がる、次に女王様は乗馬鞭を持ちマゾ奴隷の耐久性を調べるため体中を叩きまくる、女王様は「お前は今日から4足歩行だから足の裏はいらないね」と足の裏を乗馬鞭で徹底的に叩きまくる。このマゾ奴隷は前の飼い主に乳首を片方削ぎ取られているのだが女王様はその傷口をもつねりあげ乳首クリップで挟みもがくマゾ奴隷の顔を見て笑う。


女王様はマゾ奴隷を床に寝かし乳首を責めながらヒールで口を踏み鼻を摘まんで呼吸管理をする、女王様は餌の時間としてケーキを床に落としヒールで踏みつけてグチャグチャにしそれをマゾ奴隷に犬のように食べさせ、ヒールの底に張り付いたケーキも舐めあげさせきれいに掃除させる、女王様はマゾ奴隷の手を天上に吊り人間サンドバッグにする、女王様のパンチや蹴りがマゾ奴隷の体にめり込み、金蹴りと金玉ヒザ蹴りはマゾ奴隷のチンポを的確に捉えマゾ奴隷は悲鳴を上げてもがき苦しむ。


人間サンドバッグにされたマゾ奴隷は女王様の打撃に息を荒立てながら耐えなくてはならない、どうやらマゾ奴隷は女王様の金玉ヒザ蹴りが1番辛いようだが女王様はマゾ奴隷のパンツを下げチンポに狙いを付けてヒザを金玉にめり込ませる。次に女王様はマゾ奴隷を床に寝かすとロウソクに火をつけ垂らし始める、赤のロウソクと白の高温ロウソクがマゾ奴隷の体を染めていく、マゾ奴隷はロウが垂れ度に悲鳴を上げて熱さに苦しむ、しかし女王様は容赦しない、マゾ奴隷のパンツを下げチンポを出させると直接チンポにロウを大量に浴びせ、マゾ奴隷に口を開けさせると口の中にもロウを垂らす。


女王様はマゾ奴隷のアナルがきれいかどうかチェックする、女王様がマゾ奴隷のパンツをハサミで切ると肛門がハックリと顔を出す、女王様は浣腸器に白湯を入れるとアナルにねじ込み注入していく、何度も何度も浣腸されるマゾ奴隷は8本目だったであろうか腸が限界に達しアナルから白湯を噴出してしまう、女王様はケツの穴から出た白湯をテッシュで拭くとマゾ奴隷の口に押し込み自分のケツの味を覚えさせる、白湯でお腹がパンパンのマゾ奴隷はトイレに行かせて下さいと頼み込むが女王様は腹を押したり叩いたりして遊びなかなかトイレに行かせない、ようやくトイレを許され戻ってきたマゾ奴隷に女王様はきれいになったかどうかゴム手袋をアナルに挿入してチェックを始める、女王様の指が1本また1本とマゾ奴隷のアナルに消えていく、女王様はとうとう5本の指全てをアナルに挿入すると「手も全部入れちゃおう」と手首までアナルに突っ込んだ、フィストである。女王様はマゾ奴隷を縄で縛り上げると電マを取り出し乳首やチンポに当てて遊びだす、縄に挟まれ固定された電マはチンポに当てられ自動で刺激を与えている、その状態のまま女王様は極太ディルドを持ち出しマゾ奴隷の口に突っ込んでイマラチオさせる。


極太ディルドをさんざんマゾ奴隷にしゃぶらせた女王様はマゾ奴隷を四つん這いにさせるとディルドをアナルに挿入する、フィストでアナルを拡張されてしまったマゾ奴隷は極太ディルドをも飲み込んでしまい、女王様はディルドを出したり入れたり笑いながら楽しみマゾ奴隷自身に尻を動かさせてアナルに見え隠れする様子を笑っている、女王様はマゾ奴隷に自分で極太ディルドを挿入させ勃起チンポを電マで刺激するが射精は管理されていて許されない。女王様は足が疲れたとしてマゾ奴隷にマッサージさせるのだがヘタなためヒールの先を体中に食い込ませて靴跡をマーキングしてお仕置きする、そしてマゾ奴隷を仰向けに寝かせるとヒールで顔を踏み素足の臭いを吸い込ませて消臭させ足の指を舐めて掃除させる。

タイトルとURLをコピーしました