女王様がブーツの舐め掃除を命令すると脚フェチマゾ男は本性を現し興奮して舐め始める


あいり女王様の素晴らしい脚線美、ミニスカート、ブーツ姿を街で見かけてつけ回した脚フェチマゾ男はあいり女王様に取り押さえられ部屋に連れて来られる。あいり女王様の「お前は脚フェチで脚で遊んで欲しいマゾ男じゃないの」との問いかけに始めはシラを切る脚フェチマゾ男であったがブーツで弄ばれているうちに欲情し認めあいり女王様のおもちゃになる約束をしてしまう。あいり女王様はブーツの舐め掃除を命令すると脚フェチマゾ男は本性を現し興奮して舐め始めあいり女王様は思わぬ偶然からマゾ男を拾えたと笑みを浮かべる。あいり女王様はブーツの靴底まできれいに舐め掃除させるとブーツを脱ぎ蒸れたパンストを脚フェチマゾ男鼻に押し付け消臭させ、生足になると蒸れた足先を指の間まで1本1本丁寧に舐め掃除させ上手にできないと笑いながらビンタや足で顔を踏みつける。
あいり女王様はお腹が空いたとデザートを食べ始めしばらく口の中で噛み砕くと脚フェチマゾ男の口の中に吐き出し食べさせ、5秒以内に食べろと床に吐き出す、脚フェチマゾ男は時間内に食べられなかったためあいり女王様は床のデザートを足でグチャグチャに踏み潰し足に付いたデザートを舐め掃除させ床もきれいになるまで舐め取らせる。あいり女王様は脚フェチマゾ男に首輪とリードを付けタオルを投げて犬のように口で取りに行かせる、しかしあいり女王様は脚フェチマゾ男がタオルを取る手前でリードを引っ張り首輪をノドに締めつけて取らせないように意地悪をして遊ぶ、そして遅いとして乗馬鞭で叩く。次にタオルを遠くに投げ5秒以内に取ってこいと命令するが当然5秒では取って来れるはずがなく脚フェチマゾ男は鞭の餌食にされる。次にあいり女王様は脚フェチマゾ男を馬にして自分の回りを鞭で叩きながら走らせ、脚フェチマゾ男の背中に乗り尻に鞭を入れて乗馬を楽しむ。こうして徐々に奴隷化されていく脚フェチマゾ男であった。

タイトルとURLをコピーしました