女王様による鞭打ち強打で家畜を虐待飼育


Risa女王様は技の実験台と称して家畜を1匹連れ出して虐待飼育をして遊ぶ。Risa女王様は両太ももに家畜の顔を挟み締めあげ、顔面にヒザを押し当て体重をかけ押しつぶし、顔面に正座するとヒザとスネを動かしゴリゴリと顔面を削り上げ、チングリ返しでお尻と股間で顔面を塞ぎ呼吸できなくし、家畜を正座させお尻を顔に打ちつけふっ飛ばし、顔面をヒザで蹴り上げ、人間サッカーボールとして顔面をボールにし「シュート!ゴール!」などと笑いながら顔面を蹴り上げると家畜はたまらずゴロゴロとボールのように転がる。家畜は技をかけられる度に悲鳴をあげて苦しむが家畜は実験台なのでRisa女王様はまったく気にせず容赦なしに虐待して楽しむ。Risa様の家畜3匹虐待飼育はまだまだ続くのである。


Risa女王様は家畜1匹を連れ出し浣腸虐待飼育を始める。Risa女王様は四つんばいにさせた家畜のアナルに浣腸器を何度も突っ込み白湯をどんどんと送りこんで行く、家畜の腹は白湯でパンパンに膨れ上がりアナルから流れ出そうになると家畜はトイレに行かせてと必死にお願いする、しかしRisa女王様が許すはずもなく 必死にもがき苦しむ家畜をじらして遊ぶ。Risa女王様は家畜を仰向けに寝かせるとそのパンパンの腹を踏み体重をかけ、腹に座って飛び跳ね、腹を踏んで反対側に移動し、しまいには両足で腹の上に立って飛び跳ね家畜を苦しめて遊ぶ。家畜は限界を超えてなんとかトイレに行かせてと土下座して頼む、Risa女王様は目を輝かせ笑みを浮かべ家畜を見つめている。

タイトルとURLをコピーしました